1号・2号を確保したときのコト


久々のPC^^;
どうも5月って暗い気持ちになって何もしたくない><

そんなとき・・・いつもの川沿いを3ワンとの散歩中
何やら下の草むらでミャ~ミャ~と仔猫の鳴く声。

見るとちっこいのが一匹。と・・ありゃもう一匹。

この辺りで野良猫は見たことないし捨てられたんだろうな
カラスに見つかる前に保護しなくちゃ。

一度帰宅しワンコを置いて長男と出直してきました。

背丈より高く茂った草で仔猫にたどり着くまでも大変@@;

そばまで行くとパーッと逃げ出して、ミャンミャン鳴いていたコを捕まえることが
できたけど、もう一匹は見つからない。







f0055395_20462169.jpg
追い詰めて川に落ちたら大変だTT

取りあえず1号を家に連れ帰り、猫ミルクを飲ませて
2号用にミルクと猫餌を持って、2回目の長男と捜索開始!
草で指を切ったので軍手してね

結局見つからず。。


f0055395_2047473.jpg
1号はよほどお腹が空いていたらしく食欲旺盛。
ダニもノミも付いてないし、キレイなコ。

1度目のときも、散歩中の人が言ってたけど朝から鳴いていたそうな。
2度目に来た人も同じコト言ってた。

だけど一緒に探してくれる人なんて誰ひとりいない。
上から見てるだけ。

飼えないから見て見ぬふりなんだ。
あんな草むらになんて入れないんだ。
小さな命がそこにあるのにね。
f0055395_2047231.jpg











夜、相棒が帰宅してから3回目の捜索。
懐中電灯で照らすと草にはナメクジいっぱい><
それでもその中を必死に探した。

1号みたいに鳴いてくれればいいのに。。
諦めかけたとき
ワタシが猫の声でないてみると・か細い声が聞こえてきた!

慌てて声のするほう近寄ってみるとピタリと鳴き止んでしまうTT
絶対いるから助けよう!
真っ暗な中これ以上は無理そうなので明日夜明けとともに来ることにした。


f0055395_20481962.jpg



4回目の翌朝日曜日4時半から開始!
やたら鳴く1号の声をオトリに近づいてくるかもしれない。
鳴いてくれるかもしれない。
f0055395_20484469.jpg

f0055395_2049862.jpg



そしたらね、ちゃんと答えて鳴いてくれたのよ。
休日の川沿い。
「何か取れるのかね?」
「どうしたの?」

やっぱり手伝ってくれる人なし。薄情なもんだね。

相棒は鎌を片手に必死。
一度上に上がって、また耳を澄まして・・・・・

姿は見えないけれど居場所が特定できました!
 
「いたーー!!」

相棒が抱き上げた小さな2号を見たとき泣いてしまった^^;
助けてあげられた喜びと、長男、相棒が必死になって探してくれたことの
感謝で胸がいっぱいになっちゃって。


相棒はその後すぐに仕事に行きました。
ありがとう。



←2号。→1号。

2号も男の子で、多少の汚れはあったものの食欲もあり健康そう
 
f0055395_21475561.jpg

体重1号360グラム 2号380グラム



2号は鳴き声が可愛い

f0055395_21514096.jpg
f0055395_21540398.jpg
f0055395_21562810.jpg
1号はミャ~ミャ~うるさく、ジッとしてない><
抱っこするとノドを鳴らすのに爪立てるしw

2号は大人しい。されるがままって感じで正反対の性格。



丁度2年前160グラムの負傷したぶんちゃんを連れて帰ってきた相棒。
結局お空にいっちゃたけど、、、
だからこそ、この2匹の保護に必死だったのかな。。
ワタシも同じ気持ちだった。

2008年にネズミ捕りシートに張り付いたまま保護したキノは
今も姉の家で元気。
あの恐怖はトラウマになってて未だに家族以外は触れないけど。


でもさ。。。。キノにしても1・2号にしても
どうして簡単に捨てるコトができるんだろう??

飼えないから捨てちゃえばいい。

誰かが拾ってくれる?
そんな気持ちないだろな・・・・

捨てる人間が一番悪いけれど
朝から鳴いていたことが分かっていた人達。
手助けもしてくれないで見ていた人々。
そんなものなのかな・・・・






[PR]
by shippona222 | 2014-05-26 20:43 | ☆★保護猫 | Comments(0)
<< 2号飼い主さん決定 健康診断 >>